のほほん生活 おでかけ(東北)
FC2ブログ

毎日のんびりのほほんと生活しています。
web拍手
FC2ブックマーク
五色沼
さて、相方は初めての五色沼にやってきました。

五色沼は、正式には五色沼湖沼群とよばれ、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などのいくつかの沼で構成されています。
緑・赤・青など、様々な色の沼が点在しているとことから五色沼という名前がつきました。

そして今回は毘沙門沼にきました。
ここが五色沼最大の沼で、観光客でいつも賑わっているところです。
ここの沼の色は青く、季節、天気、時間によっても水面の色が変わります。

IMG_1476.jpg

IMG_1485.jpg

この五色沼湖沼群をまわるトレッキングコースもあるのですが、軽装備では挑めないので
毘沙門沼をみて、いわきに帰ったのです。

IMG_1489.jpg

IMG_1486.jpg



スポンサーサイト



Posted by マァチ
comment:0   trackback:0


[おでかけ(東北)]  thema:写真日記 - genre:日記
桧原湖
喜多方で美味しい朝ラーをいただき。
ちょっと喜多方の町を散策した後は、桧原湖方面から五色沼に行くことにしました。

途中で「道の駅裏磐梯」を発見。
行ったことがないと両親が言うので、寄り道です。

IMG_1457_20140915221546370.jpg

IMG_1459.jpg

農産物直売所を併設していて、特産の「会津山塩」・「花嫁ささげ」・「ジュンサイ」等、
地元でとれた新鮮なお野菜とか焼きたてのパン等が販売されていました。

会津山塩って温泉水からできているってはじめて知りました。
いろいろ尋ね歩くと、たくさんの発見があっていいですよね。

森のアイス工房では山塩ジェラートをいただきました。
なかなか不思議なお味です。

この道の駅にはロードバイク等でサイクリングされる方用にサイクルスタンドも用意されていました。
桧原湖一周ファミリーサイクリング大会などもあるようです。

IMG_1464.jpg

IMG_1465_2014091522152684f.jpg

IMG_1469.jpg

桧原湖まできました。
こちらにある「桧原宿 Sio-YA」がお目当てです。

朝ラー食べて昼ラー?
そうおっしゃる声が相方から聞こえてきました・・・(汗)

桧原湖は裏磐梯地域最大の湖です。
磐梯山の噴火によってでき、湖底には昔の桧原村が沈んでいます。
そして、湖の水が少なくなってくると湖面から昔の鳥居等の集落の後が姿を表します。
現在は釣りを楽しむ方たちがたくさんいました。

さてお目当てのラーメン屋さんは会津米沢街道桧原歴史館の中にあります。
会津山塩を使った塩ラーメンです。
両親は一度いただいたことがあり、すごい美味しいよって聞いていたのですごくすごく期待していたのですが・・・。

まさかの品切れ・・・・。

着いたのは、12時ちょっとすぎ。
えっ!?この時間で!?品切れ!?

とりあえずお土産用があったので、買ってきましたが・・・。
残念すぎます(泣)

未練たらたら、途中でソースかつ丼食べて五色沼に向かいました。
あまりの衝撃にソースかつ丼を写真に撮るの忘れました・・・・。



Posted by マァチ
comment:0   trackback:0


[おでかけ(東北)]  thema:美味しいお店紹介 - genre:日記
シーフードレストラン メヒコ
実家のあるいわき市にはシーフードレストラン メヒコがあります。
我が家ではカニピラフといったらメヒコに行こうというくらい定着しているレストラン。

1971年にいわきにフラミンゴをみながらカニピラフが食べれる「フラミンゴ館」がオープンしました。
そのあと、熱帯魚を見ながらカニピラフが食べれる「水族館」がオープンしましたが、震災の影響でこちらは休業中です。

持ち帰るように折り詰めに詰めたカニピラフもあるのですが、店舗で食べれるスープがすごい美味しいのです。
祖母の誕生日をここでしたり、県外から父の友達がくると必ずここでした。
働き始めてから友人達とちょっとと背伸びして利用したことがありました。

間違いなく私にとっては地元の味で、思い出の味です。


ということで久しぶりに行ってきました。
水戸にもあるのですが、なぜかいわきに行ってきました。

20140919093025378.jpg

20140919092936220.jpg

20140919092951177.jpg

メヒコのカニピラフは、ズワイガニを殻付きのまま丸ごとご飯と一緒に炊きあげます。
なので殻がついたまま提供されるのですが、この頃は殻をはがしてくれるパターンもありなのです。
お年寄りとかお子さんとかいいですよね。

でもでも、それだとなんだか物足りない。
めんどくさくても自分で殻をはがし達成感を味わいながらいただく。
これが醍醐味です!
家族で行っているのにもくもくと無言でいてもいいんです!

味もフラミンゴをみながらカニピラフというシュールな状態にも満足しました。
水戸にもメヒコはあり、フラミンゴ館になります。
次回行ってみます。

 





Posted by マァチ
comment:0   trackback:0


[おでかけ(東北)]  thema:美味しいお店紹介 - genre:日記
喜多方で朝ラー
連休の間に実家の両親と弟と私たちで「蔵の町・ラーメンの町 喜多方」に行ってきました。
目当ては朝ラーです。

実家はいわき市ですから、磐越道を使って2時間半くらいかな。
朝早く家を出たので渋滞もなくすいすいとついてしまいました。

「蔵の町・ラーメンの町 喜多方」ですから蔵はたくさんあります。
蔵座敷や酒蔵・味噌蔵・醤油蔵などなど・・・。
喜多方の蔵は現在も大半が使われ続けているそうです。

IMG_1448.jpg

IMG_1449.jpg

そして、朝ラーを食べようとやってきたのが「坂内食堂」です。
喜多方に行くとここに来ます。
ここのラーメンはあっさりしていてすごくすごくおいしいのです。
もうスープの色からして違いますしね。

20140919092901965.jpg

今回、店内にあったパンフレットで知ったのですが、「秘伝のあっさり味の豚骨スープ」とのこと。
本当に知りませんでした。

実は豚骨って苦手なんです。
でもここのは普通のとんこつラーメンと違い、全然臭みがなくて驚きです。

チャーシューもとにかく美味しくて。
朝からでもいただきたい一品なのです。

9時くらいにお店に着いた時にはもう行列。
7時開店なので、早くこないと並びます。
お昼くらいにのんびりなんていったらだいぶ待つことになってしまうので、朝早く来るのがいいのかも。


ラーメンをいただき、町を散策していてみつけました。
さすがラーメンの町。

IMG_1453.jpg


今回は行きませんでしたが、喜多方は大和川酒造の「カスモチ原酒 弥右衛門酒」が美味しいのです。
北方風土館として古い酒造道具や資料の展示、お酒の試飲販売などもしています。
8年熟成酒もいいんですよねー。








Posted by マァチ
comment:0   trackback:0


[おでかけ(東北)]  thema:ごはん日記(写真付き) - genre:日記
いわきのデッカイあれ
IMG_4277.jpg

いわきの有名なお菓子屋さん「白土屋菓子店」のシュークリームです。

インパクトたっぷりの見た目
たっぷりの生クリーム。

でも不思議にとても甘くないのです。

おすすめな逸品です。
Posted by マァチ
comment:0   trackback:0


[おでかけ(東北)]  thema:写真日記 - genre:日記
| HOME | next